So-net無料ブログ作成
検索選択

ペトロ三木について勝手なことを抜かすよ [余談・雑談]


 お前達の首をチョン切ってー 眺めてぬかすよー! (by.ダンプ松本

 何を言っているのかさっぱりわかんねぇな、俺。

 いやまぁ、例のジェネジャン最終回近辺のウカレポンチッチなイベントの時期によく、「宇梶は理想ばかり言うが、ペトロは現実的だ」 的な、ペトロ評が結構ありましたが。
 それはチョット違うなぁ、と僕は思っていたのですが。
 成り行きでとくにその事について書く機会がなかったので。
 ちょっと書いておく的な記事。

 まぁ。
 発端は件の学歴論争でして。
 (今見たら3月かー)
 「学歴なんか必要ない、人間力だ!」 とする宇梶や、「夢を信じる力だよ!」 なふかわに対して、「現代日本に置いて、学歴というツールが大きなウェイトを占めている以上、学歴を不必要だと切り捨てることは出来ない」 というスタンスを取っていたペトロ三木。
 (という構図で良かったと思うのですが、生憎本編をちゃんと見ていなかったので違ったかも!)
 まぁこれに関して、「負け犬の癖に学歴至上主義とは片腹痛いわ」 (胃痛持ち) 「ペトロキモワロス」 (言語障害) 「学歴が無い人を馬鹿にするなです!」 (ルサンチマン) 等の否定派意見が続出。(ゾクゾクするほどに・・・!)
 お陰様でペトログは大流行だったわけですが。
 まぁその中で、「宇梶やふかわは理想論ばかりで、現実を見ていない」 というペトロ肯定意見もあったりなかったりしたわけです。(あったのかなかったのかどっちだ)
 
 でもねぇ。
 別の視点ですが。
 逆ですよ。それは。と。
 
 うかわ、じゃねぇ、宇梶やふかわの方が現実的です。
 そしてたぶん、ペトロ三木の方が理想主義者です。
 と思ったのですよ。チェキ。

 以前も書きましたが。
 芸能人テレビでああいう、「とってつけたキレイゴト的発言」 をする理由は、人気商売の客商売だからですよ。
 キャバクラでキャバ嬢が、「金が欲しいからきたねーおっさんと話ししているだけだわよ」 なんて、わざわざ言わないのと同じですいやすみません僕キャバクラとか行ったこと無いので良く知りません、キャバクラ嬢の方を侮蔑する意図はないので御了承下さい。
 それを言うのは野暮ってもんですよ、と。まぁこんな事を言っている僕が野暮って事なんですけど。
 それに加えて、彼らは実質、学歴というツールを必要としていないのですから。
 むしろ学歴というツールが無用になった方が望ましい立場なワケです。
 人間力、ですよ。人間力がよりモノを言う方が、うかわさん達にとっては “都合の良い世界” なんですよ。
 人間力ってなんだよ、みたいな突っ込みも結構ありましたが。
 まー僕に言わせれば、人間力 = コネ力 ですよ。
 コネクションを手に入れて、それを巧く活用する能力ですよ。
 アントニオ猪狩的に言えば、たまたまバキのかーちゃん似の愛人を囲っているかどうかですよ。
 言ってしまえば、「不合理で公正さのない基準」 です。
 そしてうかわ達は、そういう 「不合理で公正さのない基準」 の方が、現実で幅を利かせていることを知っていて、そういうものの上に今の位置がある人達でもあるわけです。
 だから、彼らの発言の方が、自分たちの利益に即していて、かつ現実的で、ユメもチボーもありゃしないのですよ。ん、そうか?
 
 人間力とか、夢を信じる思いこみの力だとか言う得体の知れないモノに比べたら、学歴っていうモノサシは凄く公正です。はるかに。
 試験があって、それに受かれば良いんですから。
 まぁ近頃では、「ケン玉が凄く巧いと入学」 とか、「アイドルなので宣伝になるから入学 (そしていつの間にかやめていた・・・)」 とか、言うほど公正でもねぇなぁっつうのもありますし、収入格差がそのまま学歴格差に繋がる二極化が進みつつあるなんて言われてたりしますが、それでもまぁまだマシです。
 誰か有力者のコネだとか関係なく、ビシっと一本の基準で作られているモノサシです。
 レイプ大好きなサークルバカでも、モテないブサイクキモオタ童貞野郎でも、分け隔てなく機会が与えられているのです。
 コネや媚びやら人間力やら夢を信じる力やら、得体の知れない不公正なモノの入る隙間なんぞ無いのです。(そんなには)
 そういうモノをきちんと有用なモノサシだとしておこうというのは、機会の平等という価値観に置いて実に理想的なスタンスでしょう。
 だから。
 うかわ達に比べて、ペトロ三木は遙かに、理想主義的で、公正なのです。

 それに付け加えれば、ですよ。
 ペトロ三木の職業は、プロフィールによればライターであり放送作家なんですよ。
 学歴なんか、クソの役にも立ちませんよ。
 (いや、それは言い過ぎですけど)
 というかまぁ、むしろコネだか人間力だかいうモノの方が、遙かに有用なんですよ、彼の立場においては。
 彼にとっては、うかわたちと同じスタンスでいた方が、有利なんですよ。
 東大卒の人間が、「学歴なんか意味がないよ。夢を信じて、人間力を養えば良いんだよ」 とか言って媚び売ってコネ作ってやってった方が、得するんですよ。現実的には。
 (いや、そういう活動も頑張ってやってんのかもしれませんけどそんな事まではしらん)
 そういう立場でも、敢えて “公正な基準の意義” を掲げるというのは、やっぱ理想主義的なスタンスですよ。ビックリしちゃいます。
 だってそんなコトしても別に得しないんですもの。(多分)
 
 まぁ僕なんかは機会の平等なんかより結果の平等だけが欲しいビンボ人で無学なダメダメの負け人間なんで、うかわとかサクセスっている人間はみんなすぃねとか言っているルサンチマンマンな立場でもあるわけですから、そんな事ぁー言いませんよ。金持ちはみんなすぃねですよ。高額所得者の税率をガンガン上げるべき派ですから、芸能人なんか80%くらいもってかれろっていうイズムですよ。80ェってのは今思いつきで言ったので何の根拠も無い数字ですけどもね、ええ。
 
 そんなワケで、僕のペトロストーキンブログ的な結論としては、「ペトロ三木は正義感の強い理想主義者」 とします。
 そしてこれを読んだらペトロ三木が結構微妙~な気持ちになって困りますように。
 誉められているんだか担がれて居るんだか、なんだかよくわかんないキモチな。
 ネットでこういうことあると結構困るアレ。
 


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

petrosmiki

困るというか(ペトロ)

こっ恥ずかしくてイヤだ。
「正義感の強い理想主義者」と言われてもねえ…

「理想主義者」ってのは、通常の文脈では
「ありもしないユートピアを求める」的ニュアンスで
使われるから誤解を招きやすい。
強いて言うなら「合理主義者」と呼んで欲しい所。

へぼ氏も何度か言ってる通り
世の中の全ての人間が合理的に行動するハズなど
もちろんないのだけど、
確率統計的に見ると、大多数の人間は概ね合理的
に行動してるのだと思う。

例えば…もし誰も借りた金を返さなきゃ
金融業なんて成立しやぁしねえのだが
現実のサラ金は大繁盛だ。
多重債務を抱えて自己破産するヤツもいるが
現実にサラ金を「合理的」に利用してるヤツも
かなりたくさんいるって事を意味してる。

つまり大多数の人間が合理的に行動してる
からこそ社会は成り立っていると思うのだ。
俺はその前提に基づいた上で
「概ね合理的に行動する人間」には有効だと
思われる合理的な処世術を主張してるだけ。
「学歴論争」はその最たるものだと思うけどね。

ただ「万人」に「完璧」な合理的行動を求めると
それこそ叶うはずのない「理想論」になる。
番組が演出上、アリかナシかの2者択一的な
討論を課している事も誤解の一因なのだが
思うに「理想」と「現実」の対比の仕方の問題
だと思うのだが?

俺は「理想」と対峙すべきは「現実」ではなくて
「実現するハズのないユートピア=不完全な構想」
だと考えている。「理想」というと、大半の人間は
「誰1人として苦しむことなく人類全員が豊かで
平和に暮らす社会」みたいな世界像を思い浮かべる
のだが、そんなモノは幻想だ。
理想をどこに置くかという問題が曖昧なので
話がこんがらがるのかも知れない。
俺の場合は「理想」って読んで字のごとく
「合理的に想いを巡らせた」結果なのであって
実現可能できなきゃダメだと思ってるのだが?

あと俺の事で言うと、肩書きとしての学歴も
意外と役に立ってるよ。
どうにも学歴が鼻につくというヤツもいるけど、
筋道の通った主張をしてる時に学歴が上乗せ
する「相手への心理的効果」はやっぱりデカい。
これも多くの人間が「概ね合理的」に判断して
いる結果だと思う。

で、これだけは主張しておきたいのだが
俺は別に自己の利益を犠牲にして
「理想」を掲げているワケじゃない。
俺の発言は俺の行動に関しても
「概ね合理的」で都合のいいものだ。
「反感を買う」というリスクよりも
得られるリターンが大きいからやっている。
強いて言えば「合理的で公正な基準」は
別に俺だけでなく、他の多くの人間にも
「やる気が失せない」という利益をもたらすし、
どこまでも有益だから主張してるのであって
「正義感」とか「モラル」とか「道徳」とかの
たぐいは、また別の問題だと考えている。
by petrosmiki (2005-05-13 19:40) 

へぼや

 前にまだ害虫ペドロを見守る会だか守る会だかあった頃にこれとあと、「ペトロを本当に困らせる方法」 みたいなコトを書き込もうと思っていたのだけど、無くなってお流れになっていたのよね。
 そういう意味で、まぁあそこかき回して遊んでみよう的逆転の屁理屈です。
 んで今回なんとなく掘り返してざっくり書いてみたですよ。恥ずかしがらせるために!

 まぁそれ以外に、つい機能また、どこぞのアホ掲示板のウダウダ話しで、「機会の平等さえあれば十分なんではないか」 的な話しが持ちあがっていて、まぁちょっくらウダウダ考えることがあったので、というのもあります。
 僕の好きな漫画である、新井英樹の 『ザ・ワールド・イズ・マイン』 という漫画の中の、由利寛平ことユリカンの演説に、「理想とは実現不可能なものであることを前提として、それで居てそこを目指すという意志に意味がある (大意)」 つーのがあって、そのあたりも加味してくと、「理想を前提とした合理主義」 と、「夢想を掲げている利己主義」 という対比の方が、スマートな表現かもしれませんヌ。本当の利己主義者の厄介な点は、自分の中の利己主義的な側面に、自戒も自覚もないところにある、と、68歳元神主さんも言っておったです。へぼしです。
by へぼや (2005-05-13 23:37) 

へぼや

 あ、そうだ。
 僕は個人的には、「金貸しから借りた金は、場合によってはブッチして問題ない派」 です。
 金融業者が貸し金を回収できないのは、投資に失敗したのと同じ事だからっていうヘリクツ。
 
by へぼや (2005-05-13 23:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。