So-net無料ブログ作成

Dr.マンハッタンと魔法少女(田中建mix) [ヘボ論]

 江戸川区議、田中けん氏が自ブログで、『魔法少女まどか☆マギカ』 に関して面白い見立てをしていたのがちょいと話題になっていた。


>政治家は既に一般人ではない。一般人とは違うと思うからこそ、
>一般人は、無理難題を政治家にいう。それを政治家は実現しようとする。
>でも、それができるような政治家とは、実は、一番一般人から遠い
>人物でなければ、そんなことできない。
>そして、政治家が一般人から一番遠い存在になったとき、
>政治家は決まって悪いことを行うようになる。


 魔法少女、という、一般人を越えた特殊な能力を手に入れた者が何と向き合い、何を求められるかという事を、政治家という者に置き換えて語っている。

 これは、『ウォッチメン』おけるDr.マンハッタンなどにも通じる、「英雄待望論の愚かさ」でもあるよね。 アメコミヒーローものでもよく取り上げられるこのテーマ。
 例えば、「スーパーマンはあんな凄い力を持っているのに、街の強盗だとか宇宙人だとかとばかり戦っていて、独裁者の圧政や紛争に苦しむ人たちを何故救わないのか?」という疑問がある。
 その答えは簡単で、「スーパーマンがそれをやったら、新しい独裁者になるしかなくなるから」

 『ウォッチメン』 のDr.マンハッタンは、能力的にはスーパーマンより遙かに上で万能。
 意志の力だけであらゆる原子構造を分解し再構築すら出来る、正に神の如き存在だけど、そのため彼は人間として持っていたあらゆる社会性を喪失してしまう。人には出来ないあらゆる事が出来るが故に、人から最も離れた存在となり、人として持っていた倫理観など全て無くなる。

 スーパーマンが(彼はクリプトン星人だけど)、あくまでアメリカ市民としてのアイデンティティを持ち続けられるのは、人の出来ることの手助け(或いは人の社会は規範からは超越した宇宙人や異次元人などとの闘い)の範疇でのみその力を使っているからで、人の社会の権力構造の中での超越者になってしまうと、ただの人ではいられなくなる。
 
 例えばスーパーマンがカダフィをとっつかまえて国際法廷に引っ立てたとする。
 次は何をする事になるか? リビアの内紛をスーパーマンがサポートしなきゃならなくなる。どちらかの側について、どちらかの側を倒す事になる。
 そこで虐殺や暴行が起きたとき止めようとするとしたら、「お前はどっち側だ?」 と問われる。
 どちらでもない、と言うのは、誰も許してはくれない
 どちらでもないという事は、「第三の権力」でしかないからで、全ての勢力から敵視されるか、全ての勢力を独裁者として支配するしか、超人であるスーパーマンに選択肢はなくなる。
 それは例えば、『DEATH NOTE』 におけるキラのやっていることを明確に可視化するだけでしかない。


(余談ながら僕は、『DEATH NOTE』 において、「月がやっている事は単なるファシズム、テロリズムによる独裁でしかない」点、そしてスーパーマンとは間逆に、最初から政治的思想で“わるものたいじ”を始めている月が何故か世界中の独裁者を早々に始末していないのかという点を、恐らく意図的に作中から排除して描いたのは、それらに対する回答を曲がりなりにも用意しているアメコミ作品群に比較しても、“弱い”部分だと思っている。
 あくまで知識ゲームとしての駆け引きだけが作品のキモで、政治的な事は主題じゃないから、作品世界内にはそんなものは存在しないとして描くのだ、というなら、最初から政治的な思想を月には持たせなければ良いのに。そんな事言ったらアメコミヒーロー物なんか最終的にマッチョの殴り合いがキモだぞ。でも、そういう事にまできちんと答えられる深さと広さがある) 


 つまるとこ、市民が政治家に、「一般人の代表であることを超越した何者か」であること、つまり、「何でも解決してくれる英雄、超人」である事を望むと言うことは、そのままイコールで、独裁者になってくれと言うのと同じ事になるのだ。
 水戸黄門や暴れん坊将軍がどこかからやってきて、「色んな不都合をなんとかして良くしてくれるはず」なんて思っていると、結局そう言うことにしかならない。
 だから、革命の英雄の多くは、革命を成して後独裁者となってしまう。
 多くの独裁者は最初から独裁者なのではなく、大衆に望まれて独裁者となるのだ。
 カダフィ然り、ムバラク然り、キム然り、ムガベ然り、ストーンフィールドと知事然り。


 本題。
 伊集院光の旧姓本名は、田中建。
 ラジオ企画黒豚便という、伊集院自身がリスナープレゼントを汗だくになりながら自転車宅配していたときに、江戸川橋付近で田中けん氏のポスターか立て看板か何かを見て、朦朧とした意識の中軽くトリップしたとか、しないとか。


 
 
 

WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)

WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)

  • 作者: アラン・ムーア
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2009/02/28
  • メディア: 単行本



ウォッチメン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

ウォッチメン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



ウォッチメン スペシャル・エディション [DVD]

ウォッチメン スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



ウォッチメン [Blu-ray]

ウォッチメン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 2

heyboy

スーパーマンは昔、ヒトラーを捕まえて国際法廷に引っ張り出してますよ。
まだスーパーヒーローが能天気に活躍できた時代の話ですが。
by heyboy (2011-03-15 12:18) 

へぼや

 んだから、今はやってないでしょ。
 少なくとも正史としてのレギュラーシリーズでは。
by へぼや (2011-03-19 04:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。