So-net無料ブログ作成
検索選択

コミックビーム連載中の、『原発幻魔大戦』、の、話。 [マンガマニヤック]

 いましろたかしがコミックビームで、呑気な釣り漫画を描いていたのは、およそ1年とちょっと前の話。
 全くもって見事なほどに、ただのんべんだらりとおっさん2人が釣りに行って蚊に刺されたりなんだりしてわいわいやってる、というだけの、もの凄く脱力する漫画だった。

 しかしそれが一変、突如として「東京で独り暮らしをしているサラリーマン青年の怒り」を描く漫画になる。
 何故? いつから?

 3.11。東日本大震災があり、福島第一原発がメルトダウンを起こしてから、だ。

 この話の中で、主人公の青年はいつも怒り、不安に駆られ、苛立ちを口にしている。
 いや、言い替えよう。
 この漫画は、主人公の苛立ちや不安、怒り以外、何もない。
 ネットで情報を漁り、菅直人に期待をしては裏切られ、TPPの話が起きれば野田政権に怒り、ときには陰謀論を揶揄しつつも口にする。
 「どーなっちゃうんだよ、これ」
 漫画の中で事件は一切起きない。
 何故なら、事件はずっと、現実で起き続けているからだ。

 ネット等々で、この作品への批判的な意見は多い。
 ただこの漫画を不快に感じるとしたら、まさにあの中で書かれている姿が、今の日本人の「普通」であり、「日常」の姿だからだろう。
 とにかく不安だし、この先どーなるか分からない。
 情報だけは飛び交うが、かといって何一つ確証も持てずに、右往左往してただ踊らされるしかない。
 
  正しい情報を伝えるのは報道の仕事だし、津波被害の多かった被災地や原発事故の起きたフクシマについての記録は色々と残され、何れアーカイブ化も検証もされるはずだろう。
 そしてそれらを「余所から訪れる」話や漫画も描かれているし語られている。
 被災地ではこんな苦労がある。こんな酷いことが起きている。
 そういう話は、多くの場所で語られている。
 ただ、この漫画はそうじゃない。
 「津波被災地」や「原発事故被災地」ではない場所で、「3.11以降」 を生きる「ごく普通の我々の感情や不安、生活」 を、リアルタイム描いている。
 この、『原発幻魔大戦』 で描かれているものの根っこは、何が正しいとか、何が間違えているとか、或いは政治的にどうすべきかという主義主張ではない。
 「3.11以降のどーしようもない日常を生きる、どーしよーも無い我々」そのものだ。

 言い替えれば、それがどこまで意図的かとは別に、この漫画が描いていることは、「3.11」が語られるときに形式的に作られてしまう、「東北3県のみが被災地で、それ以外の“我々”は、“支援”する側だ」 という図式が3.11以降を語る “全てではない”という事実でもある。
 3.11の震災から、そこで起きた原発事故以降を生きている“我々”は、東京にいようと何処にいようと、全員が様々な意味で “当事者” であり、そしてその中を「どーしょーもない不安と、それに対するどーしょーもなさ」 の中を生きている。
 そこにあるやりきれない生身の感情。
 『原発幻魔大戦』 の主人公が、ただ何も出来ずに怒り、焦り、不安に思う姿は、そこで語られる言葉に同意するか共感するかとは別にして、まさに「3.11以降の日常を生きる我々」 の、リアルな姿だ。

 だから、この漫画の中では一切事件は起きない。
 事件は、現実で進行し続けている。

 この描かれ方は、「セシウムさいた」 への批判にも見え隠れする、「フクシマ以外は当事者ではない(だから、当事者じゃない埼玉の人間がそんな言葉を軽々しく使うな)」 という意識、欺瞞への、一つのカウンターでもあると思う。
 
 今、日本で、原発事故の傍観者なんて1人も居ない。
 『原発幻魔大戦』 の中で、ただ無力に焦り怒る主人公同様、全ての日本人が当事者なのだから。


 内容への賛否快不快は人それぞれとしても、そう言う意味でこの作品は、「後世に残すべき漫画」として、リアルタイムに描かれ続けている。

 
 読もう! コミックビーム!
 (今月は、桜玉吉も復帰したよ!)





原発幻魔大戦 (ビームコミックス)

原発幻魔大戦 (ビームコミックス)

  • 作者: いましろたかし
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2012/02/25
  • メディア: コミック



月刊コミックビーム 2012年4月号[雑誌]

月刊コミックビーム 2012年4月号[雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2012/03/12
  • メディア: 雑誌



月刊コミックビーム 2012年4月号[雑誌]

月刊コミックビーム 2012年4月号[雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2012/03/12
  • メディア: 雑誌



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。