So-net無料ブログ作成
検索選択

週刊少年マガジン掲載の読みきり作品、『聲の形』 を読んだ、の巻 [マンガマニヤック]

 珍しく非常にタイムリーな話題についてささっと書きますが、週刊少年マガジン掲載の読みきり作品、『聲の形』 を読んだのであります。

【衝撃作】 週刊少年マガジン(12号)の特別読切「聲の形」(こえのかたち)は必読です。とにかく凄い作品です 
http://togetter.com/li/459336

求めていたのは和解ではなく拒絶~普通学校で虐められた聴覚障害者が読んだ聲の形~
http://togetter.com/li/459715


 大まかなあらすじとしてざっくりまとめてしまうと、「転校してきた聾唖の少女と、それをいじめる主人公の少年、その周りの人間たちの振る舞いを描いたお話」 です。

 僕が気になったきっかけは、上記リンクの二つ目などに見られる、「単なるご都合主義的パッピーエンドでしかない」、「いじめる側に何も報いがないから、カタルシスに欠ける」 というような、意見に関して。

 実際どういうものなのか、というのを確かめたく、読んでみたわけです。

 
 以下、読んでみて分かった、「なぜそうなったのか」の、はなし。

 これ、「いじめられている聾唖の女の子の話 『ではない』」というのが、ポイントなんだと思うのですね。
 作者はおそらく意図的に、「いじめていてる少年の話」として描いている。
 だから、ある意味「いじめられている聾唖の女の子側」に寄り添った目線で見れば、「ご都合主義のハッピーエンド」に見える。

 これは物語として、作劇としての難しい点で、「いじめられている聾唖の女の子の話」とした場合、現実的にその間口は狭くなる。
 なぜか?
 読者の多くは、「いじめられている聾唖の女の子、『ではない』」から。
 読者の多くは、「いじめていた少年」や、「それをはやしていた同級生」や、「傍観していた無数の誰か」や、「聾唖の少女や、それに対するいじめをただの厄介ごとととしか受け止めない担任」側の人間だから。

 あえて残酷な言い方をすれば、このお話は、「いじめられていたあなた」 に向けられては描かれていない。
「いじめていた、或いは、それを傍観していたあなた」へ向けられたお話になっている。
 そこは多分、意図的にそうしているのだろうと思う。
 そういう「無自覚な多数派」に届けるためには、「いじめっ子たちが報いを受ける」話にはできないのです。
 あの少年を軸として、「いじめをやめる勇気を持とう」というメッセージをこめる形でしか、このお話しは描けない。

 なので、「ご都合主義的ハッピーエンド」に、「する必要」がある。
 いじめをする側に対して、「お前たちは報いを受けるべきだ」というメッセージは、残念ながら基本的に届かないから。
 それは、いじめられていた側からすれば、一番届けてやりたいメッセージながら、しかし現実にそれは、どーしょもなく、「届かない」。
 「いじめる側」、「いじめる側に回りかねない側」に届くのは、ご都合主義的であっても、生ぬるいといわれるようなものであっても、こういう形のものになる。

 聾唖の少女の内面が徹底的に描かれず、『まさに絵に描いたようなお人形的な善人』的描かれ方になっているのも、このため。
 「いじめる側である『あなた』が、『歩み寄って、声を聞くこと』が大切だ」という話だからだ。

 
 だから、「いじめられていたあなた」にとっていは、どーしても、「スッキリしない」話にはなる。
 ここは、どーしょもないのだ。
「いじめられていた側」も、「いじめていた側」も、どちらも「納得できる解決」なんてのが、現実にほぼありえないのと同様に、「どちらも納得できる物語」にすることも、とてつもなく難しいから。


 ということを踏まえ、て。
 個人的な感想としていえば、構造込みでよく出来たお話だとは思うのですが、感動するかと言うと感動はしません。
 それでも、一読なされることはお奨めできます。
 
 ただ、それよりも何よりも、このテーマこの描かれ方の作品が、「編集部で掲載すべきか否か議論になったほどの衝撃作」とされてしまうという、少年漫画業界の現状、閉塞感の方は、なんというか、ちょっと衝撃的でもあります。


 読もう、コミックビーム! [なぜ?]



月刊コミックビーム 2013年3月号

月刊コミックビーム 2013年3月号




 




光る風

光る風

  • 作者: 山上 たつひこ
  • 出版社/メーカー: 小学館クリエイティブ
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本


REAL 12 (ヤングジャンプコミックス)

REAL 12 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 井上 雄彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/11/22
  • メディア: コミック




 (本当の「衝撃作」は、実はそんなに話題にならない、の例)

キーチ!! (1) (ビッグコミックス)

キーチ!! (1) (ビッグコミックス)

  • 作者: 新井 英樹
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2002/01
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。