So-net無料ブログ作成
井筒っつぁん ブログトップ

[今日の井筒] Shall we Dance? [井筒っつぁん]

 思いつきで、今日見た 『虎ノ門』 内、僕らの大好き井筒監督の大人気コーナー 「こちトラ自腹じゃ」 の簡単なまとめをしてみるというカテゴリ。
 本日監督がご覧になって悪口を言いまくっていたのは、『 Shall We Dance ? 』
 ハリウッドリメイク版です。

Shall We Dance ? (リチャード・ギア主演)

Shall We Dance ? (リチャード・ギア主演)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD


Shall We ダンス? (通常版)

Shall We ダンス? (通常版)

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2005/04/08
  • メディア: DVD

 実は僕は、邦画の方のコレ、今日テレビで始めてみました。
 最近僕が見た邦画といいますと、『日本沈没』 と 『ゼブラーマン』 でして、まぁー日本沈没は良いンですよ。結構。ふつーに。ゼブラーマンが酷すぎて。
 僕はこう、こういうものに関して述べたりアーノするとき、あンまり露骨な物言いするのは控える主義なんですけども (ボロクソにくさせばカッコイイ、みたいな考え好きではないですし) あまりに酷すぎて、ちょっとドン引きどころかけっこう腹が立つ、くらいの感覚でおりまして、ええ。
 ま、ゼブラの話しはどうでも良いのですが、兎に角おかげさまで、「え、ちょっと、何、最近邦画ってこんなんで良いの? これOKラインなの?」 みたいなこう、まぁ勝手な想いがあったりしたもので。
 ちょっと気乗りせずに見たのですが。
 けっこうふつーに良かったですよ。『 Shall We ダンス ? 』 の方。
 しっとりしていて。

 まぁ、ハリウッド版もレンタルで見るかもくらいですけど僕としては。(銭無いし)

 そんな事より本題です。
 井筒っつぁんの 『 Shall We Dance ? 』 に対する☆評価は、というと、見忘れました!
 でも0か1です。多分。
 
 今回もいつもの如く、しょっぱなから見たくねぇ空気をだしまくり、「(周防監督の) 『Shall We ダンス?』 の方はご覧になられましたか?」 との問いに、
 「すっかり忘れた」 「映画っていうのは、人生に必要なモンを描くもんや。何がダンスじゃ。社交ダンスなんぞ人生に必要無いわ」 (うろ覚えの意訳) と、飛ばしまくり。
 まぁなんかさっきちらっと読んだのですが、日本版の方を撮った周防監督ってお方、昔は井筒っつぁんの助監督とかやっておられたそうですな。
 映画でダンスの先生役やった女の人巧いことコマして結婚したらしい氏、脚本も書いているから、今回のハリウッドリメイクでもかなりのオゼゼが入ったし。(伝聞)
 そりゃあ文句の一つや二つは言いたくもなりますわ。僕だって言う。くそう、金儲けやがって!

 んでまぁ見ている最中もいつものパフォーマンスで、出てきての結論の一言が、これ。

 「だいたい、こういう悩みの無いよーな人生送っている連中はムカツクんじゃ!」 (うろ覚えによる意訳)

 御存知のように、La・駄目人間である僕としては実に共感できるお言葉です。
 もうねぇ。駄目人生駄目生活を送っていると、こういう卑しいひねた考えになりますよ!
 他人が幸せになったりする話とかがもう、憎くてしょうがない心理。
 俺がこんなに忸怩たる気持ちで日々を生きているというのに、こいつらは幸せそうにしやがって! 実にムカツク!
 っていうね。
 一言で言えば、「この世を壊したって、一番駄目な自分は残るぜ」 的駄目人間思考です。
 映画見た批評ってもんじゃないですけどもね。

 というワケで今週の井筒っつぁんは、僕の様なルサンチマン丸出しの駄目人間としてはよくワカル分かる愚痴を言っておりました。

 その後スタジオ内に戻ってからも、「何がダンスじゃ。何でダンスやねん。なんで今ダンスやねん。ダンスなんか人生に必要無いわ」 とダンス否定を連呼。
 まぁ。
 別にダンスをモチーフにしているからって、ダンスの人生における重要性を説いている物語って事は無いし。
 もっと言えば、人生に映画が必要だという人もいれば、ダンスが必要だって人もいらぁねぇ。
 自分にとって趣味じゃないからって、闇雲に罵倒してもあんまし面白くないと思うにゃー。
 
 因みに僕の人生には漫画が必要です。

 そんな井筒話でした。おわり。
  
 


井筒っつぁん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。